ショッピングの新しい形

全く新しい広告スタイル

広告として捉えた時に、今まであったものと大きく違う点がいくつもある。一つは何かの特集の雑誌に掲載した場合、同業種の店舗の中に埋もれてしまいがちになっていた点だ。当然、枠の大きさによって値段も変わり、発行部数の多い、有名な雑誌にもなれば、一枠何十万から百万くらいまでするものだってあった。表紙を飾れば、それだけインパクトも強いが相当お金を積まないと、そのような広告は作れない。それはIT時代になっても変わず続いた。人の集まるサイトや皆が一旦は経由するポータルサイトのトップ画面に企業広告を打ちたければそれこそ、何百万もかかると言われている。しかし、こういったフラッシュマーケティングの広告に共通するのは、一エリアに対し、一日一店舗限定で特集が組まれるのである。そして、値段も完全成功報酬型が多い。つまり、売れたクーポン枚数に対していくらという換算なのである。これは企業にしても高いお金を投資して、何人の新規のお客様の集客が見込めるのかわからないというリスクを冒すよりも、非常に取り組みやすい広告スタイルと言えるだろう。

激安中古PCについての詳細
http://used.dospara.co.jp/sale/sale_tokushu.php?id=86

関連リンク